読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧を表示

お茶の桃源郷

旅紀行

宇治茶を知らない人はいませんよね。

お茶といえば、静岡、そして宇治となりますが、お茶は以外に全国各地で作られていますが、元来は耕作には適さない傾斜地を利用して栽培されてきました。

かつて、江戸時代から明治時代へと時代が移り、それまで江戸に住んでいたいわゆる、

武士(旗本、御家人)は一斉に生活に困窮することとなりました。

そこで考えられたのが静岡県への入植であり、多くの武士達は静岡県の荒れた土地へ

移り住み、ここでお茶の栽培を始め、現在では日本一の茶所へと繁栄してきたのです。

これと同じように、「宇治のお茶」も有名ですよね。

ただ、宇治のお茶と言えば誰でも宇治の平等院を思い浮かべ、お茶はこの辺りで栽培されているのかな~と思ってしまいますが、実は宇治から20Kmも離れた宇治と奈良の

中間に位置する・・・・  

f:id:nekotancat:20170106062857j:plain

 ここ、地図で表示したお茶所

場所は京都府相楽郡和束町

宇治平等院から20kmの距離にあるここのお茶も「宇治茶」としの生産地となっております。

特別にこの場所は地形のほとんどが傾斜地である為、茶畑のウエーブの美しさが評判となり、最近では海外の方々がここを目指してやってきます。

お茶の桃源郷ならぬ、「茶源郷」として評判となっております。

下記に京都府相楽郡和束町 の観光案内のアドレスを記載してあります。

興味のある方はクリック してみてね。

↓   ↓   ↓   ↓ 

http://wazukanko.com/